パチンコ依存症体験談をよく読む人が危険な理由




こんにちは

かわわんです

日曜のお昼ですが、パチンコせず頑張れてますか?

ブログ主かわわんは主に夜勤なので、今はバリバリ活動時間です

・・・嘘松です

夜勤明けは少し眠いのです

若くもないもので・・・






あなたも読んだ?パチンコ依存症体験談

さて、パチンコをやめたいと思っている皆さんはパチンコ依存症に関する体験談を読んだ事があると思います

8年間パチンコ漬けだった私がパチンコをやめた理由

パチンコで200万円の借金を作った人生の逆転体験記

パチンコでお金と友人を失くした自分のその後

自殺まで考えたパチンコ依存症の私の120日間克服記録

ちなみにこれらは今考えたもので、実際にある体験談ではありません

同じタイトルで文章を書いてる人がいたらごめんなさい

読むなと言ってるワケではありません・・・

おそらく似たようなタイトルは見かける事はあると思いますが

読んでみたいと思いました?

多分、このブログに来て下さっている方は、何度かこういうタイトルの体験談を読んだことがあると思います

それらを書いている皆さんはきっと

自分の体験が参考になれば

自分と同じようにならないで欲しい

そう思っているのだと思います

パチンコ依存症体験談に潜む落とし穴

パチンコやめたい

どうやったらパチンコに行かなくてよくなるだろう

自分と同じような人はいるのかな?

パチンコはやっぱりやっちゃダメだよね?ね?

そんな事を考えながら、サイトやブログを見てまわりこういうタイトルの体験談に惹かれて読んでみるにだと思います

これらの体験談からもちろん学ぶ事はたくさんあると思いますし、その人と自分を比べて反省する事も多々あると思います

ですが、いつまでもそういった体験談ばかり探して見てまわるのは、あまり良い事ではありません

それらの体験談を参考にしつつも、あなたは心の奥底でこう思ってしまいます

なんだ、自分と同じような人はいっぱいいるんだ

自分だけが特殊じゃないんだ

世の中には同じようにパチンコに夢中になって、人間関係やお金に困っている人は結構いるんだなあ

そう考えて安心していまいます

残念ながらそうではありません

そういったサイトやブログ、パチンコ関係の情報ばかりをみているからそう感じているのかもしれません

ギャンブル依存症の人口は300万人とか500万人とかと言われていますが、成人以上の人口からすれば20人に一人の割合

日本のギャンブル依存症疑い536万人 人口比率5%世界1%以下で断トツに高い数字 厚生労働省のまとめ

20人ほど人が集まればギャンブル依存症なのはあなた一人だけ

その他の19人はパチンコに通いつめたり、そのせいで金銭に困窮したりしていないのです

もちろん、その人達にもそれぞれ悩みはあるでしょうが、パチンコやスロットなどという時間を浪費し勝てもしないギャンブルでお金や生活に困っている人はいません

社会全体でみれば、稀な人なのです

以前、パチンコ依存症は病気ですという記事を書きました

パチンコ依存症って一体何?病気なの?自分は依存症じゃない?パチンコ依存症を改善するために、依存症の定義とはなにか?病気なのかを調べてみました。パチンコ依存症を治すためにはまず認識と自覚が必要です

身体に症状が出ずまわりからも分からないですが、治さなければいけない病気にかかった病人なのです

まだまわりに流される人生を送りますか?

同じ病気にかかっている人達と一緒にいれば、それが当たり前の感覚になってしまいます

早くそんな場所から抜け出し、違う意識を持つ必要があります

自分は彼らとは違うという意識です

もっと前を向きましょう

パチンコ依存症体験談はあなたの心の傷を癒やしてくれるでしょうが、同じような体験談ばかり読み、長くそこにいるのは意味の無いことなのです

パチンコをやってはいけない理由は何なのか?

パチンコは成人であれば、誰もが気軽に参加出来るギャンブルです 特に専門的な知識を必要とせず、お金さえあればいつでもパチンコ・スロットを...

あなたが今パチンコをやめるために何をすればいいのか?

どうしてもパチンコをやめれない人からすれば やめたくてもやめられなのに、やめた後の事考えても意味ないじゃないか! と言われそうですが・・...

あなたが今出来る事は何なのか?

それらを考える事に時間を使うべきです

そしてそれらはもうすでに、あなたの頭の中にあるはずです

あなたが望む本当の人生

きっとそのためにはパチンコ・スロットは邪魔なはずです

そう考えた時、助けてくれる人や相談出来る場所は数多くありますが最終的に行動を起こせるのはあなた次第です

自分が世の中で20人に一人の稀な人間だと自覚して、前を見て自分を変える決断をしましょう



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする