パチンコをやめた人間から思うパチンコをやめれない人間




こんにちは

ブログ主かわわんです

今は平日のお昼ですが、ブログ記事を書いているのは仕事が主に夜勤だからです

そんな事はさておき

パチンコを打たなくなって、というかパチンコ店に行かなくなって半年以上になる自分が、まだパチンコに行ってる人について思うことを書いてみます

パチンコやめたらどういう気持ちになれるのか?

参考にしてもらえれば、幸いです






そう言えば変な人がいっぱいいたなあ

チャンスボタンを激しく連打する人

お金がないのか、パチンコ打ってる人の隣でずっと見てる人

なんだかずっとカタカタ揺れてる人

パチンコ打つ前に台全体を丁寧に拭いている人

ずっと休憩室で漫画読んでる人

駐車場の車ですごい型の古い軽の中がゴミだらけになってる人(生活してる?)

パチンコ店に来る人はなんだか特殊な人が多かったような気がします

ネットでもパチンカーは「パチンカス」「底辺」「養分」とか言われてますし、パチンコ打たない人からみると変な人種なんでしょう

日本のギャンブル依存症疑い536万人 人口比率5%世界1%以下で断トツに高い数字 厚生労働省のまとめ

平日昼間から、この人達は何してるんだろう?

みんな仕事が夜勤なワケじゃないよね?

仕事してないのかな?

地元の1,000台ぐらいパチンコ・スロットを設置している店でも半分の500人くらいは人が入っていました

若い人から年配の方まで

土・日になるともっと多くの人達

多分、子供達が見たら昼間にこんなにも大勢も大人が遊んでいるのを不思議に思う事でしょう

何箱も積んで羨ましい・・・

パチンコ打ってる人はそう思って、自分もそうなりたいと思って今だに打ってるんだろうなあ

もちろん自分もそうでした

でも、パチンコをやめて冷静に考えてみると

何箱も積んでる人はいくらのお金を投資した?

それは本当に勝っている?

そう考える事が出来ます

パチンコ打ってた時はそんな事あまり考えられずに、あんなふうに何箱も積みたい

もうちょっとで当たるかもしれない

あと数千円で当たるかも?

これだけお金を入れて回したのだから、他の客に取られたくない

自分がやめたら他の人が当てるかもしれない

そんな気持ちで打ち続け、結局当たらないし投資したお金を取り返せない

当たったとしても何箱も詰めず、それでもちょっと取り返したからいいかと思う

財布のお金は確実に減っているのに

パチンコやめたら、そんなモヤモヤした気持ちも財布のお金が減ることもないのになあ

パチンコ以外の楽しみもあるんだよ

パチンコ好きな人は暇な時間をパチンコ店が開いてるときは全部パチンコに使ってしまう

今はパチンコで稼いでる人も身の振り方を考えてる時代

それだけパチンコ・スロットで稼ぐ、いや遊ぶ事さえ難しくなってきている

世の中にはパチンコ以外にも人々が夢中になっているものがいくらでもある

それはゲームだったり趣味だったり、ネットでお金を稼ぐ事だったり

それもお金を使うでしょ?

もちろんそう

でも、パチンコほど理不尽で効率の悪い事はない

わざわざ、パチンコ店まで出向いてあげてお金を落とし、がっかりして帰ってくる

そんなのなかなかないでしょ?

家で気軽に出来たり、無駄にお金が減るような事のない時間の使い方を考えた方がいい

まだパチンコ打ってる人達はお人好しか、またはパチンコ店にお金をあげるのが好きな人なのか?

パチンコやめた自分からはこんな風に思うのです

もちろん、自分も決心してすぐやめれたワケではないですし、パチンコで借金も作ったクズ野郎なんですが

パチンコやめたいと思ってるなら、少しでも早くパチンコに行くことをやめて、こちら側にきて見て下さい

まだパチンコを打ってる人が可哀想で滑稽に思えてきますよ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする